副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 手術

鼻茸 治療方法

2017/03/05

鼻茸は慢性的副鼻腔炎、俗に言う蓄膿症に付随する病状で鼻ポリープとも呼ばれます。風邪や鼻炎で鼻づまりの状態が長く続くと、炎症が酷くなり慢性的副鼻腔炎になります。この時、鼻の中を覗くと、鼻の粘膜が腫れて肥大化した白いコブのような物が見つかります。これが鼻ポリープで、放置しておくと段々大きくなるので早期の治療が必要です。

medical_ikamera_hana

治療方法についてですが、軽度の症状なら薬剤投与とネブライザ―療法により対処できます。ネブライザ―療法とは薬剤を噴霧上にして鼻や口から吸入する事です。鼻茸の場合は副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬という薬をネブライザ―療法で噴霧します。また、最近マクロライド系の抗生物質が症状の改善に効果があると実証されたました。

なので、マクロライド系の抗生物質の長期間投与による治療を行う病院もあります。しかし、マクロライド系の抗生物質は重度の症状には効果が見られません。また薬剤投与とネブライザ―療法だけでは症状が改善しないことがあります。そんな重度の鼻茸に対しては手術ということになってしまいます。

63

内視鏡手術による治療では局所麻酔をして鼻の入り口から、直接鼻茸を切除します。鼻ポリープを根こそぎ取り除き、副鼻腔内の空気の通りを良くし症状を改善させます。昔の手術は歯肉の上を切り、頬の内側の骨を削る方法を取っていたので、かなり痛みを伴う物でした。最近は内視鏡手術が一般的なので、患者さんの負担が少なくなっています。

278814

鼻茸の手術では内視鏡を用いた方法が一般的となっています。ただ一部の病院で更に新しい手術法であるマイクロデブリッターという治療機器を使う所もあります。マイクロデブリッターを用いた最新の手術法では、内視鏡手術のおよそ半分の手術時間で終わります。

しかし手術により鼻ポリープの摘出に成功しても再発する可能性があります。鼻ポリープは副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎と因果関係があるので、これらの病気が完治しない限り再発するリスクは付きまとうでしょう。

 

広告

-蓄膿症 手術
-,