副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 症状

鼻茸の症状

2017/03/05

鼻茸は慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になった時などに良く見られる病状です。端的に言うと鼻腔に出来る良性のポリープ(腫瘍)のことで、鼻ポリープとも呼ばれています。ポリープ(腫瘍)には良性、悪性とありますが、鼻ポリープは良性なので命に関わる事はありません。しかしポリープが大きくなると、いろいろな症状を引き起こします。
31

一般的な鼻茸の症状として挙げられるのが、長期に渡る鼻づまりです。最初は左右どちらかの鼻だけが鼻づまりを起こしていた状態から、やがて両方とも鼻づまりになり長期化するのが特徴です。鼻ポリープは鼻の粘膜が炎症して瘤のようになった物です。なので鼻ポリープが出来ると鼻の空気の通りが悪くなり、鼻づまりを起こしやすくなるのです。

更に鼻茸の症状が悪化すると、ポリープが鼻腔を塞いでしまい嗅覚障害を引き起こすこともあります。鼻の内部には嗅裂(キュウレツ)という臭いを感じ取る箇所があります。ポリープが大きくなり嗅裂を塞ぐことで、嗅覚障害を引き起こすのです。また嗅裂部位に鼻ポリープが発生する場合もあり、その場合は早期から嗅覚障害を起こしやすくなります。

60

鼻茸の発生した場所、大きさによっては、ポリープが鼻の穴から出てくることもあります。また鼻の形が変形するほど悪化する危険性があります。ただの鼻水・鼻づまりと油断して放置するのは危険な病気です。

鼻茸により頭痛の症状が引き起こされることもあります。鼻ポリープの頭痛の特徴は頭が重くなるような痛みです。また目の奥の方が痛みを感じるという人も多いです。頭痛の原因が分からず検査を進めていく内に、鼻ポリープが原因と判明した例もあります。

28

鼻ポリープは慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の合併症として発症する例が多いです。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の症状も併せて併発します。また気管支喘息の合併症として発症する例も多いです。

このように鼻ポリープは放って置くと厄介な病状を引き起こします。原因となった副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの治療も含め、早期の対応が必要です。
25

 

広告

-蓄膿症 症状
-, ,