副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 症状

蓄膿症 鼻茸

2017/03/05

蓄膿症のからくる病気の一つに鼻茸と言うものがあります。この蓄膿症からくる病気鼻茸とはどのような症状なのでしょうか?鼻茸は鼻の中の鼻腔を塞ぐように水ぶくれの様なものができている状態です。

m014-009

この鼻茸は急性副鼻腔炎が慢性化した状態(蓄膿症)で、鼻詰まりが長時間治らない場合に、発症しやすいです。蓄膿症の病気鼻茸になるとまず嗅覚が鈍化していきます。

そして鼻茸がひどくなると、この水ぶくれが鼻をふさぎ、最悪鼻から水ぶくれが出てきたり、鼻そのものが変形したりします。また鼻茸の周辺症状として、鼻漏・偏頭痛・嗅覚障害・集中力低下・口臭など日常生活にも影響してしまいます。

m012-095
もし長期間鼻詰まりがあり、膿のような鼻水が止まらない場合はこの蓄膿症の病気鼻茸を疑ったほうが良いです。また鼻茸は蓄膿症だけでなく、急性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、花粉症からこじらせて発症することもありますので、十分な注意が必要です。

鼻茸は改善できるの?

鼻茸は初期段階だと、ネブライザーや鼻うがい・薬などで改善できますが、後期段階では、基本的に切開手術を耳鼻科からすすめられます。

m005-029

また基本的に鼻茸は自分からは見えない位置で育っていくので、症状が現れたころには、中期から末期状態になっていたなんてこともあります。

ですので、できるだけ初期段階で発見するのが望ましいのですが、鼻茸を初期で発見するのは非常に難しいかもしれません。なぜなら上記でお伝えしたように、鼻茸の初期症状は鼻炎や風邪の症状とほぼ同じだからです。

また鼻茸は切開手術をしたからといって、完全に治るわけではなく、再発の危険性も高いです。ですが、再発の確率を下げることは可能です。

再発を下げる方法は基本的には、急性副鼻腔炎や蓄膿症・アレルギー性鼻炎・花粉症の治療を続けることです。

鼻茸の手術方法は?

鼻茸の手術方法は、副鼻腔で炎症をおこしている膿や粘膜ごと切り取る手術です。基本的には唇の下を切開して内視鏡を挿入してテレビのモニターを見ながら炎症部分を切り取っていきます。また麻酔は局部麻酔で行います。

また副鼻腔の炎症部分を切り取る手術ですので、血管を傷つけることもあります。そのため、予想外に出血することがありますが基本的には大事には至りません。また切り取った部分からの出血を抑えるためレーザーか電気で固めます。

63

鼻茸の数や大きさにもよりますが、だいたい30分くらいで手術は終了します。基本的には術後は日帰りになります。その際一週間後くらいにもう一度受診して経過をみて終了になります。

鼻茸の手術費用は?

基本的に鼻茸の手術は日帰りなので、病院に入院する入院費などもかからないので、手術代のみになります。そのため1~2万円くらいが相場です。

ちなみにこの相場は両方の鼻を手術した時の費用ですので、片方の鼻だけの場合は、上記の3分の2くらいの費用になるかと思います。ですが、その後の通院や診察代・薬剤費なども含めると診察から手術終了して通院までを通すと、だいたい5万円くらいはみておいた方が良さそうです。

29

稀に末期症状で両方の鼻に鼻茸がありしかも再発を繰り返している場合、入院して切開手術を行う場合があります。その場合は上記の手術費用に部屋代がかかります。部屋代は各病院や都道府県によって差異があるので一概にはいえないのですが、一日で1万円から1万五千円くらいが平均的だと思います。

ですので、入院の場合は上記の入院費×入院日数が手術費用に上乗せされます。

40

 

広告

-蓄膿症 症状
-, ,