副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 症状

蓄膿症 頭痛 眉間 痛み

蓄膿症は色々な症状を生み出してとてもつらい疾患の一つです。蓄膿症と頭痛や眉間の痛みの関係をしっかりをおさえて処置するのはとても重要です。

本日は蓄膿症と頭痛や眉間の痛みの関係について紹介します。これを知らない人は頭痛や眉間の痛みで病院に行って精密検査を受けて初めて気づいたりします。

まず蓄膿症とはそもそもどういう病気でしょうか。蓄膿症は鼻にウイルスや細菌などが原因で炎症を起こして膿がたまる症状のことです。

多くは鼻に粘膜があって細菌やウイルスの侵入を防げます。ですが風邪などでその粘膜が弱まると最近の感染が起きやすくなります。そうして炎症が広がっていくと頭痛や眉間の痛みの原因になります。

蓄膿症には大きく分けて急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎というものがあります。慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎でできてしまった炎症が繰り返されて慢性的になったもののことです。

風邪だけではなくてアレルギーやぜんそくなどでも蓄膿症を引き起こすことがあります。おもな症状には頭痛や眉間や目の奥に感じる痛みなどがあります。

頭痛と共にこういった場所に痛みがある場合は蓄膿症を疑ったほうがいいかもしれません。できるだけ早く医療機関へ行って治療を始めることをおすすめします。

では蓄膿症で起きてしまった頭痛や眉間の痛みにはどんな治療方法があるんでしょうか。よくつかわれている治療は抗生剤を使用する方法です。殺菌できる抗生剤を利用して蓄膿症を改善することができます。

ほかにも慢性副鼻腔炎なら消炎酵素剤を使用することもあるようです。順調にいけば1週間ほどで治療を終えることができます。万が一症状が強くなってしまうと内視鏡外科手術となる場合もあります。

しっかりと蓄膿症と頭痛や眉間の痛みをチェックしておきたいですね。該当する症状が見られた場合はできるだけ早い医療機関の受診を心がけましょう。

広告

-蓄膿症 症状
-,