副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 市販薬

蓄膿症 フロモックス

2017/03/05

蓄膿症はひどい頭痛や眉間の痛みがともないます。そんな中で一番利用するのが抗生剤による治療ですね。そこで広く使われているのがフロモックスという抗生剤です。

sozai_27956

この薬フロモックスというのは蓄膿症の細菌で引き起こされた感染症の治療に効果があるお薬となっています。このフロモックスはペニシリンのように最近の細胞壁を破壊させますが、しかも特に副作用が少ないのが特徴です。さらにペニシリンショックなどを引き起こすこともなくて安心して利用できます。

この薬品は副鼻腔炎だけではなく、大腸菌や気管支炎、肺炎、膀胱炎、咽頭炎、中耳炎、リンパ節炎などにも利用されています。実際に蓄膿症の治療でよく使われる抗生剤ですが、このフロモックスを使う場合が多くなっています。効果を比較的早期に見ることができるのは嬉しいですね。

sozai_10295

もし初期の副鼻腔炎であればこうした薬品で治療することが可能になります。できれば早期発見し、早めに市販薬で対応することが大切になってきます。どんな症状があるのかをしっかりとチェックしておきましょう。

ですがもし仮に副鼻腔炎が長く続いて慢性になった場合は薬剤での治療効果はあまり期待できません。その場合は手術療法を使うことになります。一昔前では歯茎を切ってほほの骨削るというとても大変な手術となっていました。

medical_ikamera_hana

ですが今では鼻の穴から内視鏡を指しこんで行われる内視鏡手術に移行しています。この内視鏡手術のおかげで患者にもたらす痛みなどの負担を大分に減らすことができています。回復も早く済むので入院期間も短期間で済むので、かかる労力や金銭的な面でとても患者に優しい治療方法ですね。
フロモックスなどの薬剤による治療が期待できない場合はこういった方法を医療機関で聞いてみるとよいでしょう。こんな蓄膿症の薬の治療方法についてしっかりと押さえて、自分にあった治療を進めていきましょう。しっかりと治療すれば直せる疾病なので、あきらめずにできるだけ早期の治療対処を心がけるといいでしょう。こんな情報も参考にしてみてくださいね。

 

広告

-蓄膿症 市販薬
-, ,