副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 症状

慢性副鼻腔炎と後鼻漏

2017/03/05

慢性副鼻腔炎にかかると症状の一つに後鼻漏があります。後鼻漏とは口の奥の方から鼻汁が喉に流れ込んでくることです。流れ込んできた粘度の低い鼻汁から黄色いドロドロした膿のような鼻汁を、痰のように口から吐き出せればまだ良いでしょう。でも寝ている間や喉に絡んで外へ出しにくくなる場合もあり、呼吸のしづらさを感じるケースもあります。


喘息もちの人は後鼻漏から発作に注意してください。慢性副鼻腔炎にかかっていて風邪をひくと多くの場合後鼻漏が悪化します。そして喉に下がってきた鼻汁が痰の絡んだようになるために喘息発作も起こしやすくなります。ネバネバした痰が喉に引っかかる時には水分をとって痰を出しやすくすると発作も治まりやすくなります。

後鼻漏が起きないようにするには

喘息からの併発の場合でも喘息を先に完治させるのは難しいので慢性副鼻腔炎を同時に治療していきます。慢性副鼻腔炎の治療を続けて様子を見ていきます。
定期的に医師に処置してもらいネブライザー吸入をすると喉へ下がってくる鼻汁の量を増やさないための対策になります。鼻汁の量が多かったり色がいつもより濃い時には抗生剤などの薬が出されることが多いでしょう。また後鼻漏が起きないようにこまめに鼻をかむのも一時的ですが対策になります。

鼻水をすすってしまうと副鼻腔に膿をためてしまう結果になり合わせて後鼻漏も起こりやすくなります。鼻水をすする癖がある人は注意しましょう。

 

広告

-蓄膿症 症状
-,