副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 症状

愛犬におきる子宮蓄膿症とは?

2017/03/05

子宮蓄膿症というのは多く犬に発症することのある疾病のことです。特に高齢な犬に多いといわれています。以下のような症状が起きると子宮蓄膿症を疑ったほうがいいでしょう。

pet_inu_rouken

まずは外陰部の腫れをなどが見られることがあります。ほかにも膿のようなオリモノを排出すこともあります。愛犬が自分でなめてしまって気づかないことも多く見られています。さらに水をがぶがぶと飲みだしたそれに伴って排尿量も増えていきます。

ほかにも一番目につくのがおなかの膨れです。もともとぽっちゃりしていると気づきにくい場合もあります。こんな症状が見られた場合は愛犬が子宮蓄膿症の発症が疑われます。

pet_kenkou_shindan
すぐに動物病院へ行ったほうがいいでしょう。病院でX線検査や血液検査や血液凝固系検査で診断できます。もしこの病気になるとどういう治療方法があるんでしょうか。

かなり高齢で体力のない場合は子宮の洗浄などで散らすこともあります。ですがそうしてもかなり高い確率で再発してしまうんです。ほかにもホルモンで処理することもあります。ですがこの方法は致死量の4分の1の量をとる必要があるのでかなり危険です。なので多く選ばれているの外科的手術による治療です。

もちろんそうするとその後出産はできなくなってしまいます。ですが手術をすればその後はほぼ再発の可能性はなくなります。もちろん手術後の合併症の可能性は残ってしまいます。

17
ではこの子宮蓄膿症を予防するにはどうすればいいんでしょうか。この発症が一番多いといわれているのが5,6歳の女の子です。一番効果的なのが避妊手術をすることです。子宮卵巣全摘術の方法による避妊手術です。

この手術は3,4か月のころにしておくのがダメージが少なく良いとされています。この手術をしておけば乳腺腫瘍などを予防することもできます子供さんを生む予定のない方はこの方法を検討してみるとよいでしょう。犬は言葉で症状を説明することができません。買主の方の観察力が早期発見のカギになっています。

31

 

広告

-蓄膿症 症状
-