副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

好酸球性副鼻腔炎 症状

好酸球性副鼻腔炎 アラミストの効果

好酸球性副鼻腔炎は細菌の感染をきっかけにして好中球といわれている白血球が鼻に集まって発症するものです。その白血球が過剰に集まることで好酸球性副鼻腔炎を引き起こします。そうなると頭痛や眉間の痛み、鼻づまりなどの症状が見られます。

まだはっきりとした原因は解明されていません。ですが、成人に多い事や都市化された地域などで患者が増えています。衛生的になりすぎている環境もその原因の一つといわれています。

この好酸球性副鼻腔炎は喘息の患者に症状が多いというのも特徴です。鼻と気管は気道が同じものになっているので、リスクが高くなってしまいます。そんな好酸球性副鼻腔炎の治療で用いられている薬品も多くあります。

その中の一つがアラミストやなナゾネックスです。アラミストなどの投与で改善されることが期待されています。アラミストはアレルギー性の鼻炎に用いられる点鼻剤です。副作用が少なく、長い期間でも利用できるので慢性の疾患に適しています。

鼻腔に噴射するタイプのものですが、1日に6回するようになります。妊婦の方や妊娠の可能性がある方は医師に相談してから利用しましょう。

こういった治療に加えて今のところ最善の治療法は内視鏡手術です。鼻の穴から内視鏡を挿入する仕方で行われる手術で、時間にすると2,3時間で終了するようになります。最近は手術の技術や器具の進歩も進んでいて、止血用ガーゼを抜く際の痛みもだいぶん軽減されています。

ですが手術もできるだけ早期の段階で行われることが進められています。鼻づまりがとてもひどくなってからだと匂いの神経の損傷が進んでしまっているからです。においがしなくなったときに早期に医療機関の診療を受けることが大切です。

アラミストなどの治療法も加えてこういった方法も合わせて検討してみるといいでしょう。どちらにしても早期に発見して早期に治療を開始するのが最も効果的な治療方法です。しっかりと自分の症状を理解するように注意しましょう。

広告

-好酸球性副鼻腔炎 症状