副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

好酸球性副鼻腔炎 診断基準

好酸球性副鼻腔炎の原因

2017/03/05

好酸球性副鼻腔炎はまだまだ不明点が多く残っている疾患の一つです。とはいえ早期に発見し治療するために原因となる要素について押さえておくことは大切なことです。好酸球性副鼻腔炎は血液の好酸球の働きを調べる必要があります。

m015-373

好酸球性副鼻腔炎は血液の中に含まれている好酸球の働きが活発になっていき、副鼻腔の粘膜を破壊してしまうという疾患です。喘息を合併症として引き起こす難治性の蓄膿症でなかなか治療が難しくなっています。

好酸球性副鼻腔炎の特徴

まず血液中の好酸球の値が高くなっていき、気道などにも好酸球の浸潤が確認されることが挙げられます。成人の方に多く見られる疾患の一つです。さらにこの好酸球性副鼻腔炎はアレルギー検査でのIgEの値が様々なのが特徴で、鼻アレルギーのような関与は少なくなっています。

この好酸球性副鼻腔炎の粘膜障害を起こす原因はどんなものなんでしょうか。好酸球に含まれている、好酸球塩基性淡白がその原因です。この好酸球塩基性淡白は寄生虫を退治する役割もあります。

502321

ですが同時に上気道や下気道の粘膜も破壊してしまい、炎症を引き起こす原因にもなってしまいます。こういった原因を考察していくと鼻だけの疾患というわけではありません。喘息などの呼吸器系の疾患が関係して副鼻腔まで影響を及ぼしていくんです。

278814

好酸球性副鼻腔炎を治療していくには内視鏡手術が必要になる場合があります。内視鏡手術で自然口を広げることや、鼻茸を除去して通気性を回復させることが目的です。そうして通気性を回復させた後に継続的な保存的治療が必要になります。

なかなか好酸球性副鼻腔炎の治療には時間が必要ですが、つらい症状を除くためにしっかりと取り組んでいきたいですね。
通院治療を続けて行く時には服薬などを主にしながら、継続的な観察と治療が必要になってきます。
大変ではありますが、そういった点をおさえてゆっくりと向き合っていく方法が一番早い治療への道といえるでしょう。

 

広告

-好酸球性副鼻腔炎 診断基準
-,