副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

蓄膿症 治療

副鼻腔炎 自然治癒

2017/03/05

副鼻腔炎(蓄膿症)の主な症状は鼻水、鼻づまりですよね。なので多くの人が病院に行かなくてもその内自然治癒するんじゃないかと思いがちです。ただ、そうやって放っておくと痛い目を見る可能性もあります。

まず副鼻腔炎には急性と慢性とがあります。最初に急性になり、そのまま放置すると慢性になります。急性副鼻腔炎の多くは風邪ウイルスが原因と言われています。なので自然治癒を目指すとしたら風邪を引いて鼻水が出始めた急性の段階で対策をする必要があります。対策としては、生活習慣の見直しなどが必要です。

96

生活習慣を見直す、食生活を見直したりしない限りは治療をしないで勝手に直るということはありません。自然治癒力を回復させれば治癒することは十分に可能です。

副鼻腔炎症状

副鼻腔炎の症状として、粘り気があるドロドロした黄色の鼻水が出ている、鼻水がのどにたれている、鼻づまりがいつもあって、呼吸をするのがしんどい、鼻の周辺に痛みがある、におい、味がわからない、頭痛がしている、頭が重い、口臭が気になる、こうした症状がある人は副鼻腔炎である可能性があります。放置していても治るものではなく通常は、一般的には耳鼻科などで治療を受けることになります。

82

通常の治療としては薬物療法がメインで、それに加えて鼻の洗浄や鼻の吸引などを行うことになります。食事によって自然治癒を高める食べ物というのは種類によって太りやすい食べ物があるように、鼻づまりや副鼻腔炎を引き起こす食べ物もあるのです。たとえばイモ類、バナナ、アボガド、豆腐、投入やヨーグルト、バター、チーズ、生クリームなどは鼻づまりの原因になりやすいといわれています。

551385

お菓子やケーキ、饅頭など砂糖を多く使っているものも同様ですし、油を使った食べ物喪同様に鼻づまりを引き起こしやすいでしょう。副鼻腔炎になっている人はもしかするとこれらを大量に食べているということはないでしょうか。食生活の改善をすることで自然治癒を高めます。
生活習慣を改善する副鼻腔炎の自然治癒を求めている人は、生活習慣の改善が必要です。早めに寝るようにして睡眠時間をしっかりと確保しましょう。睡眠時間をしっかり確保することは免疫力アップにもつながりますので、それが自然治癒力をアップさせることにもつながるのです。また鼻水の出始めのような初期段階の症状ならどくだみ茶やなた豆茶を使った民間療法でも治る可能性はあります。

なた豆は、蓄膿症の民間療法として昔から使われています。膿を排出する排膿作用があり、更に免疫力を高める効能もあるとされています。蓄膿症は風邪ウイルスが原因で発症することが多いので、免疫力を高めるのは重要でしょう。ただ初期段階の症状を放置すると、鼻水に菌が移り、やがて膿へと変わって行きます。

膿に変化したと言うことは菌がかなり繁殖していると言うことです。
こうなると家庭で出来る対処法(鼻うがい、鼻洗浄)だけでは治癒が難しくなります。膿が出始めた段階だと市販の薬でも治らない事があります。

なので蓄膿症が悪化してきたら早めに病院に行き診察を受けましょう。慢性化・重症化する前なら鼻洗浄と抗生物質による投薬治療で対処できます。ただ相当悪化していた場合は手術の可能性もあります。副鼻腔炎は重症化すると中耳炎・髄膜炎を併発することもあるので甘く見ないようにしましょう。

他の病気もそうですが、重症化する前の早期発見、早期対策が大事だということです。何もせずに自然治癒という上手い話は流石にありません。副鼻腔炎に関しては鼻をかむのが予防にもなります。

広告

-蓄膿症 治療
-,