副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

副鼻腔炎 症状

副鼻腔炎 咳 後鼻漏

副鼻腔炎や蓄膿症の主な症状は鼻水、鼻づまりです。その他、頭痛、顔面痛、嗅覚低下、咳などが挙げられます。特にセキは蓄膿症特有の特徴がありますので説明していきます。

まず、なぜ鼻の病気である副鼻腔炎で咳が出るのでしょうか?蓄膿症と言う病気は鼻の副鼻腔という所に炎症が起きる病気です。

炎症が起きる原因は細菌・カビ・ハウスダストやダニ、花粉など様々です。鼻水は炎症の原因となった細菌などを体外に追い出す為に出ています。

普通、鼻水は前方に流れ鼻から出てきます。ただ稀に鼻水が後ろに流れて、口の方まで届き咳が出ることがあります。このときのセキは鼻水は混じっているので痰まじりの湿った感じになります。

これは子供の蓄膿症に多い症状です。大人は副鼻腔に鼻水が溜まっても前後に出て行く所が無いので、そのまま鼻水が溜まり続けます。

子供の場合は副鼻腔と鼻腔の通りが良いので、溜まった鼻水が排出されやすくなるんです。特に夜は横になるので鼻水が喉まで回りやすく、湿った咳が出やすくなります。

ただ副鼻腔炎が慢性化すれば大人でも鼻水が喉まで回り湿った咳が出ます。また副鼻腔の炎症が喉まで波及することでセキが出る場合もあります。喉に鼻水が流れ込み、セキが出るような症状を後鼻漏と言います。

後鼻漏の原因となるのは鼻水が出る鼻の疾患です。副鼻腔炎、特に慢性化したものが後鼻漏になりやすいです。その他、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、萎縮性鼻炎、鼻内部の腫瘍などが原因として挙げられます。

健康な人でも鼻水の約3割は喉に流れ込んでいますが、無意識に飲み込んでいるそうです。なので後鼻漏自体は病気ではなく身体の生理的な反応です。

しかし鼻炎になり鼻腔内の鼻水の量が増えると、喉に流れる量も増えてきます。これによってセキが出たり痰が絡んだりしやすくなるのです。

後鼻漏でセキが出る場合は、副鼻腔炎など原因となっている鼻の病気を治すことを優先しましょう。のどの病気ではないので、風邪薬で対応しても意味はありません。

広告

-副鼻腔炎 症状
-, ,