副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

副鼻腔炎 症状

副鼻腔炎 みみなり

副鼻腔炎は頬の奥や目の奥などにある空洞に膿がたまり細菌が炎症を起こさせるためにあらゆる症状が出てきます。そしジジジ、ボーなどのようなみみなりや周囲の音が聞こえにくい感じがする耳づまり感も症状の一つとなっています。

鼻と耳はつながっていると言われますので、その空洞に溜まった膿が耳の方へ流れ細菌が耳の器官に悪影響をもたらすためと耳鳴りや耳づまりが起こると考えられています。

副鼻腔炎の症状にみみなりがありますので、副鼻腔炎を完治させることが耳鳴りも同時に改善できるでしょう。しかし耳鳴りの症状があることはかかりつけの医師にきちんと話し、治療を受けましょう。

みみなりが小さくて気にならなかったり、たまにだからと放っておくと悪化する場合もありますので、症状は必ず医師に伝えておくのが安心です。

副鼻腔炎は治ったけれど耳鳴りが治らなかったり、薬を飲んだり治療をしても改善が全く見られない場合があります。もしくはみみなりだけで受診しても、副鼻腔炎と診断されないかもしれません。

そのような時には他の病気も疑われますのでかかりつけの医師に相談するか、他の病院での診断を受けてみましょう。

脳腫瘍などのような脳の重大な疾患を発見する手がかりになることもありますので耳鳴りも軽く見てはならないと分かります。

広告

-副鼻腔炎 症状