副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

副鼻腔炎 症状

副鼻腔炎と吐き気

2017/03/05

副鼻腔炎で吐き気を伴う場合

副鼻腔炎の症状も悪化すれば吐き気を伴う恐れがあるのです。鼻の調子が悪いだけでなく吐き気まで起こしているようでしたらこれはかなり危険ですから早めに対処しなければいけないでしょう。

症状の1つとしてなぜ吐き気があるのかといえば、これは副鼻腔炎が引き起こしているというよりも、どちらかといえばそこからきている髄膜炎が引き起こしていることになります。髄膜炎、それは額に広がっている前頭洞の炎症なのです。

髄膜炎

額に広がっている部分にまで炎症を起こしていることが、吐き気を引きおこしているのですがこの部分で増えた細菌にのって髄膜炎が起きてしまえば頭痛、発熱なども起きる可能性が多いです。

最初はただの風邪だと思って見過ごしてしまう人は多いでしょう。鼻の調子も悪いし、頭痛もするし、熱もある、そうなれば、やはり風邪だろうということで見過ごしてしまうことが多いのですがすべては実は副鼻腔炎からきているということはよくあるのです。

後頭部から首筋にかけて突っ張った幹事がしていたり、頭がボーっとするなどの症状があれば髄膜炎を伴っている可能性はかなり高いです。内科で見てもらって風邪だと診断されたとしても、頭がボーっとする、首筋が張っているなどの症状があれば、それも伝えましょう。

吐き気と頭痛

鼻の違和感とそれに伴い吐き気や頭痛が出てきたらこれはかなりのところまで症状が悪化して、炎症が起きていることになりますので、その場合は早めに対処しなければいけません。

早めに対処するといっても自分で何とかできる次元の話ではもはやありませんので、耳鼻科へ行ってきちんと治療を受けることになります。

髄膜炎にまで発展している場合には髄膜炎の治療も同時に受けることになりますので、神経系の病院で見てもらわなくてはいけませんし、場合によっては入院をして治療を受けることになるかもしれません。

鼻の変化や鼻に違和感を感じると思ったときにすぐに対処していればここまで炎症が悪化することはなかったかもしれませんが、頭痛にまで発展して悪化して、髄膜炎になってしまっているようでしたらこれはかなり危険ですので早めに対処しなければいけません。

ここまでなるまでに治療を受けるのがベストですが、ただの風邪だろうということで放置していて悪化してしまうことはよくあります。

悪化する前に鼻の異変に気がつくこと、それが大事ですし、気がつくだけでなく、きちんと適切な治療を受けることも大事です。

 

広告

-副鼻腔炎 症状
-,