副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

副鼻腔炎 症状

副鼻腔炎とめまい

2017/03/05

悪化しているという証拠

副鼻腔炎の症状としてめまいを感じている人は、これはかなり症状が悪化しているという証拠になりますので早めに対処しなければいけません。膿が鼻の奥に詰まってしまっている状態で鼻というのは単体ではなくて複雑に体のあちこちの機関とつながっているので、膿がほかの場所にも影響を与えているのです。

m012-095
普通ならば耳、口の中に何か変化が現れることが大半です。そして一番変化があるのは鼻の奥でしょう。鼻をかんでもかんでもすっきりせずに、いつまでもダラダラとで続けている、そして鼻水の粘度や色も普通とは違ってくるのです。その上で頭痛も襲ってきます。

m007-121

症状がひどいと頭痛もある

症状が悪化すればひどい頭痛に悩むこともしばしばあります。普通の頭痛ではなくて、これは副鼻腔炎からきている頭痛です。頭板は普通ならズキズキとした痛みなのですが、そういった痛みではなくて、どちらかといえば頭の奥が重たくて奥に痛みを伴うことが大半です。不快な痛みで長くこの痛みが続いてしまうこともあるでしょう。

28
副鼻腔炎の鼻の症状だけで治まっていればよかったのですが、頭痛にまで悩まされると日常生活にも支障が出てくるかもしれないのです。

頭痛の後にめまい

頭痛が始まったらかなり症状が悪化していることになりますが、頭痛の悪化によってめまいの症状が現れることもあります。ここまでくるとかなり悪化している証拠ですから早めに治療を受けなければいけません。

89
めまいがすれば日常生活に支障がでるどころか、まともに生活を送れないかもしれません。横になっていないとつらいこともありますので、これではいけません。鼻の違和感、頭痛、めまいなどの症状が現れてしまったらそれはかなり悪化している証拠ですので、早めに耳鼻科で治療をすることをお勧めします。
この症状で現れるめまい、頭痛は普段の生活の中で感じていたものとはまた違っていて、市販されている薬を飲んでも改善されないことが大半ですので、適切な治療を受けなければいけません。めまいは、頻繁に起きると本当に仕事を休んだりしなければいけなくなりますので、そうなる前に早めの対処が必要です。

106
頭痛なども合わせて早めに対処しないと、集中力も欠いてしまいますので、学生の場合は勉強にも支障が出てしまうのではないでしょうか。市販の薬でだますのではなくて、しっかりと耳鼻科や専門の病院で症状を伝えた上で治療を受けることをお勧めします。

29

 

 

広告

-副鼻腔炎 症状
-,