副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

アレルギー性鼻炎 症状

プールと鼻炎

2017/03/05

プールに入ると鼻が詰まる、鼻水が出る等の症状が出る方は多いです。もともと、アレルギー性鼻炎の症状を持つ方がこういう症状を起こしやすいです。では何故プールに入ると鼻水が出る等の症状が出るのでしょうか?これにはいろいろ説があります。

sozai_51757

一つ目は消毒に使われる塩素が鼻の粘膜の刺激し鼻炎を悪化させるというものです。もう一つはプールに浮いている微粒のゴミが原因で、アレルギーを起こすというものです。ただ結局は鼻アレルギーの症状を持つ方がこのような症状を起こしやすいようです。では鼻炎持ちは水泳が出来ないかというそういう訳でもありません。

実は水泳が鼻アレルギーにどこまで影響を与えるかについては、耳鼻科医の中でも見解が分かれています。悪化するという人もいれば、どちらとも言えないという人もいます。逆に、好転するという考え方の耳鼻科医もいます。

 

sozai_28950
一口に鼻アレルギーと言っても症状に個人差があるため、画一的に水泳の可否を決めるべきではないとの考え方が一般的です。ただ消毒に使われる塩素や微粒のゴミなどが鼻粘膜を刺激しているのは間違いありません。水泳をしたグループとしなかったグループでは、水泳をしたグループの方が鼻粘膜の炎症や膿性鼻汁が多くなったという報告もあります。
ただ塩素に対する感度には個人差があるので、同じ鼻アレルギー持ちでも症状が出やすい人とそうでない人が出ます。鼻アレルギー持ちの人がプールに入るなら事前に医師に相談する事をオススメします。症状がそれほど重くなければ、抗アレルギー性点鼻薬を使うことで対処出来る事があります。抗アレルギー系点鼻薬を泳ぐ前にしようし、泳いだ後はよく鼻をかみ、もう一度点鼻薬をさします。

 

アレルギー性鼻炎で主な症状が鼻づまりだという方もいます。主な症状が鼻づまりの方はプールを利用するのは避けたほうが良いでしょう。どうしても泳ぎたい場合は症状がある程度落ち着いてから、鼻栓を利用して入りましょう。

 

広告

-アレルギー性鼻炎 症状
-, ,