副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

アレルギー性鼻炎 症状

ハウスダスト対策に鼻炎薬の種類と効果

2017/03/05

アレルギー性鼻炎には季節性の物と通年性の物があります。通年性のアレルギー性鼻炎は主にハウスダストが原因で発症します。室内のハウスダストを除去する為に、部屋を徹底的に掃除したり空気清浄機をフル稼働させても限界があります。どうしてもハウスダストは残ってしまい、つらい鼻炎の原因になってしまいます。

284795

そこで多くの方が頼るのが鼻炎薬です。病院でも処方されますが、ドラッグストアなどでも市販されています。しかし鼻炎薬の種類が多くて何を購入するべきか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで薬の種類と効果について紹介するので購入の参考にして下さい。

まず抑えておきたいのが抗アレルギー薬と言われる種類です。これはヒスタミンの発生と放出を抑制することが出来ます。ヒスタミンはアレルギー症状を誘発する物質なので、これを抑制できれば症状はかなり和らげます。副作用も少ないですし、症状の軽い人なら抗アレルギー薬だけで十分でしょう。

抗アレルギー薬より強力な作用を持つのが抗ヒスタミン薬です。ヒスタミンに対し直接的に働きかけるので、既にアレルギー性鼻炎が発症していても問題なく使用できます。また花粉の飛散が多く、くしゃみや鼻水が多い時にそれらを緩和する効果も期待できます。抗アレルギー薬より症状の改善を実感出来ますが、副作用で眠気や喉の渇きが発生します。

sozai_27956

抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代とがあります。第一世代は上記で説明したように効き目も強いですが、副作用による眠気も強いタイプです。市販の鼻炎薬の殆どが第一世代のタイプに当たります。一方、第二世代は第一世代程効き目は強くないですが、眠気も抑えられています。

鼻づまりを和らげるのに効果的なのが血管収縮剤配合の鼻炎薬です。点鼻薬(スプレー)タイプが多く、一時的に鼻粘膜の血管を収縮させることで鼻づまりを和らげます。即効性があるので使いやすいですが、使いすぎると効果が出にくくなります。また長期渡り使い続けると、鼻づまりを悪化させる恐れもあります。

 

広告

-アレルギー性鼻炎 症状
-, ,