副鼻腔炎・蓄膿症改善ナビ

急性副鼻腔炎や蓄膿症、好酸球性副鼻腔炎など鼻炎全般についてまとめています。


楽天市場はこちら

アレルギー性鼻炎 症状

アレルギー性鼻炎と風邪の違い

2017/03/05

アレルギー性鼻炎はアレルギーの症状を引き起こす原因物質であるアレルゲンを吸い込むことで発症します。 通年性と季節性とがあり通年性はハウスダスト、ダニなどが原因で季節性は主に花粉が原因となります。

502321
主な症状として挙げられるのがくしゃみ、鼻みず、鼻づまりです。これは風邪を引いた時にも現れる症状なので、鼻炎とカゼとの違いが分かりにくいと言う人もいます。

アレルギー性鼻炎と風邪の違いとして分かりやすいのが発熱があるか?です。アレルギー性鼻炎と風邪では発熱のタイプが変わってきます。
まず鼻炎の場合は基本的に発熱がありません。あったとしても微熱程度です。一方、風邪の場合は37度~38度の発熱が伴います。発熱を伴うのは体内でカゼのウイルスと闘っているためです。鼻炎の場合は原因物質に対し免疫が反応し、排除しようとしているだけです。ウイルスや細菌と闘っている訳ではないので発熱が起こらないのです。症状が続く期間も違いとして分かりやすいです。
アレルギー性鼻炎の場合、花粉症のような季節性のものなら花粉が飛んでいる時期が終わるまで続きます。ハウスダストなどが原因の通年性のものは、ハウスダストを取り除かない限り一年中続きます。一方、風邪は適切な治療を受ければ1週間くらいで症状は収まります。

055340

アレルギー性鼻炎で特に厄介なのが鼻水です。この鼻水も風邪と大きな違いがあります。鼻炎の鼻水は無色透明で水っぽいのが特徴ですね。鼻カゼの初期症状でも水っぽい鼻水が出ますが、少しづつ粘り気を持つようになり色も黄色っぽくなります。

初期症状だと鼻水の違いが分かりにくいかもしれません。ただ、カゼの鼻水は一日中、時間を選ばず出て来ますが、鼻炎の鼻水は朝方や就寝時に量が増える事が多いです。この差を意識すれば鼻炎とカゼを区別できるでしょう。

アレルギー性鼻炎は初期段階で治療した方が、症状が改善する可能性が高くなります。ただのカゼだろうと思っていたら実は鼻炎だったなんてことも良くあります。なので普段から鼻炎とカゼの差を意識しておくことが重要です。

 

広告

-アレルギー性鼻炎 症状
-, ,